2020.10.21

燃費ログ:2020年10月18日給油分(トヨタ ヤリス 1500cc CVT FF)

軽自動車からの乗り換えで2020年6月に納車されたトヨタ ヤリスの燃費記録をアプリで
記録していますが、その記録を参考までに継続してアップしていきたいと思います。

利用アプリ:e-燃費
計測方式:満タン法

給油日:2020年10月18日夜
燃費:16.10km/L(前回比:+1.51km/L)
燃料価格:115円(レギュラー)

過去最高(年間):24.62km/L
過去最低(年間):13.94km/L
マイカー平均燃費:16.22km/L

今回は時間調整のための休憩時のアイドリング時間を短くするように意識したのが奏功
したと思われます。

| | コメント (0)

2020.10.13

燃費ログ:2020年10月12日給油分(トヨタ ヤリス 1500cc CVT FF)

軽自動車からの乗り換えで2020年6月に納車されたトヨタ ヤリスの燃費記録をアプリで
記録していますが、その記録を参考までに継続してアップしていきたいと思います。

利用アプリ:e-燃費
計測方式:満タン法

給油日:2020年10月12日夕方
燃費:14.59km/L
燃料価格:115円(レギュラー)

過去最高(年間):24.62km/L
過去最低(年間):13.94km/L
マイカー平均燃費:16.23km/L

今回は短距離の利用が多かったので低めになりました。

| | コメント (0)

2020.07.18

GRヤリスを見てきました!

先日、GR Garage日進竹の山に期間限定で展示されていたGRヤリスを見に行きました。

Dsc_0115  

展示されていたのはGRヤリスの1st Editionで、乗り込みも撮影も制限されていません
でした。

Dsc_0116

シフトコンソールにはWRCのために開発された旨のプレートが貼付してありましたが、
1st EditionだけなのかGRヤリス全てに貼付されているのか確認出来ていません。

1st Editionではない普通のGRヤリスに乗り込む機会があったら確認してみようと思い
ます。

先月、我が家に納車されたヤリス標準車と異なり3ドアで、ワイドボディなので、かなり
雰囲気が違いますが、実際にWRCや国内ラリーで活躍する姿を早く見たいですね。

| | コメント (0)

2020.05.19

新型コロナ禍でカーシェアサービスはどうなる?

新型コロナウイルス騒動で今までだったら気にならなかったことも、感染防止の観点から
考え方を変えなければならないことが多くなりました。

その中の一つ、ここ数年利用者の拡大を続けているカーシェアリングサービスにも大きな
影響が出そうな気がします。

カーシェアリングサービスはサービス提供会社のメンバー間で会社所有のクルマを共同で
使用する形態で、クルマを借りるという面ではレンタカーと同じようなサービスですが、
15分単位などレンタカーよりも短時間の利用を想定し、買い物の足やちょっとした用事に
利用されていることが多い模様です。

残念ながら自宅周辺にカーシェアリング車両ステーションが無いため、まだ会員になって
いませんが、以前より興味はありました。

レンタカーはごく一部を除き借りる時も返す時も対面で行われるのに対して、カーシェア
リングはコスト削減のため、無人管理でメンバーカードなどをクルマにかざして中に入り
使うという大きな違いがあり、以前は煩わしくないなどといったメリットがありました。

ところが、新型コロナウイルス感染防止という面では無人管理のため誰が利用したか全く
分からず、使用後に除菌することも期待薄で、いざ使おうとするとかなりの抵抗感が予想
されます。

基本的に対面で行われるレンタカーの場合は返却後に除菌する時間も取れますし、実際に
手が触れる可能性のある場所は徹底的に除菌を行っていることをアピールしているレンタ
カー会社もありましたので、カーシェアリングサービスが劣勢になるような気がします。

所有から使用、活用へと大きく動きそうだった日本のモビリティサービスがどうなるか、
今後もウォッチしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020.04.30

トヨタの2019年度世界販売台数が4年ぶりに首位になりましたが...

ドイツのフォルクスワーゲンが公表した資料を基に2019年度の世界販売台数を集計したら
トヨタ自動車が8万台ほど上回り、4年ぶりに首位に返り咲いたというニュースを見ました。

他メーカーと同様にグループでの台数計算になりますのでトヨタ自動車にはダイハツと、
日野自動車が含まれています。

フォルクスワーゲンが得意とする中国市場が新型コロナウイルスの影響で大幅に落ち込む
だけでなく地元の欧州も需要の減少が大きかったことがトヨタ自動車に首位を明け渡した
要因だと思います。

トヨタ自動車も中国市場の需要落ち込みの影響はありましたが、3月度は減少幅が改善した
こともあったと思いますが、という事は、2020年度はトヨタ自動車が台数を稼いでいる北米
マーケットの需要の大幅な落ち込みが想定されるので、再びフォルクスワーゲンに抜かれて
しまうのではないかと予想しています。

いずれにせよ、新型コロナウイルスによる工場稼働停止もあり波乱のランキングになりそう
です。  

| | コメント (0)

2019.04.24

SUZUKA 2&4レースを観戦してきました。

4輪と2輪の国内最高峰レースが一度に見られる「鈴鹿2&4」が鈴鹿サーキットで開催
されましたので、久しぶりに観戦してきました。

Dsc_0062

サーキットの入口となるGPエントランスには、今回も気分を盛り上げる演出が行われて
いました。

Dsc_0068

また、数年ぶりということもあり奮発してパドックパスをゲットしましたので各チームを
パドック裏から見たり、ピットウォークに参加した後にピットビルの上のホスピタリティ
テラスで観戦しました。

2輪レースのJSB1000決勝を見てからピットウォークを楽しんだ後、4輪レースの
スーパーフォーミュラ開幕戦決勝までの時間を利用しサーキット内のレストランで昼食を
とったのでパドックパス特典のいくつか(激感エリアでの観戦、シャトルバスの乗車)は
使いませんでしたが予定していたエリア、イベントは楽しめたので満足でした。

メインイベントのスーパーフォーミュラの決勝は、セーフティーカーが4回も入る荒れた
レースになりましたが、それもまた貴重な体験ができたと思います。

直近ではゴールデンウィーク中にSUPER GTの第2戦が富士スピードウェイで開催
されますが、遠いこともあり回避する予定ですので次回の観戦スケジュールは別途考えて
みたいと思います。

| | コメント (0)

2019.02.26

大阪オートメッセ2019 センチュリーGRMN

2019年の箱根駅伝の大会本部車として白いセンチュリーGRMNが
走行し話題になりましたが、1月に開催された東京オートサロンに
センチュリーGRMNの黒モデルが展示されていました。

大阪オートメッセ2019にも東京オートサロンと同様にセンチュリー
GRMNの黒モデルが展示されていましたので思わず撮影しました。

Dsc_0034

白モデルは品川ナンバーでしたので東京本社管理、黒モデルは豊田
ナンバーでしたので愛知県豊田市の本社管理だと思われます。

数字部分はどちらも「1867」ですが、トヨタグループ創業者である
豊田喜一郎氏の父親である豊田佐吉氏の生まれ年から取ったのでは
ないかと思われます。

実際に走っている姿はなかなか見られないと思いますが、ノーマル
車両とどのくらい走りが違うのか気になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.16

大阪オートメッセ2019 Supra is Back!

大阪オートメッセ2019で2019年春から発売開始となる新型Supraが
国内初披露されていました。

乗り込み体験も出来るとのことでしたが、多くの人に取り囲まれて
いたのでなかなか近づけず、なるべく人が映り込まないように写真
撮影することも難しかったです。

Dscpdc_0001_burst20190210131733038_

Dsc_0036

ボディカラーがシルバーとホワイトの2台と2020年からのSUPER GT
参戦に向けたコンセプトモデルが展示されていました。

Dsc_0031

シルバーモデルでは気になりませんでしたが、ホワイトモデルでは
アングルによってはサイドウインドウとルーフ部分の繋がりが厚く
見えるので少し違和感を感じました。

2/23と2/24に開催のNAGOYAオートトレンド2019にも展示されるか、
不明ですが、じっくり見る機会があれば良いのですが、正式発表前
なので一般ディーラーでは難しいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.14

大阪オートメッセ2019 ホンダブース

大阪オートメッセ2019でホンダブースに、シビックTYPE-Rを無限が
カスタマイズした「RC20GT Package Pre Production MODEL」が展示
されていました。

Dsc_0026

Dsc_0025

現在のデザインでは、フロントにナンバープレートを付ける場所が
見当たらないのでこのまま市販される事は無いと思いますが、中々
攻めたデザインですね。

Dsc_0024

市販化に向けたPre Production MODELという事ですが、フロントや
リア回りも大きく手が入れられているので結構な価格になるのでは
ないかと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.12

大阪オートメッセ2019に初参戦! & SuperGTブース

2/9~2/11の3日間、インテックス大阪で開催されていた第23回大阪
オートメッセ2019に初めてお邪魔しました。

主催者発表によると前回より44,770人多い262,277人の来場者数を
記録し大盛況に終わったとのことです。

お邪魔した2/10は、来場者も約11万人と一番賑わった日だった模様
で、会場周辺も駐車場の空き待ち車両で大渋滞が発生していたのも
頷けます。

「名古屋オートトレンド」というカスタマイズカーショーが名古屋
でも開催されていますが、規模が全く違い圧倒されたのが第一印象
でした。

会場内で気になったクルマを何枚か撮影しましたので何回か分けて
紹介していこうと思います。

一回目の今回は入場してすぐのSuperGTコーナーに展示されていた
GT500車両とGT300車両です。

Dsc_0021_2

GT500車両はKEIHIN NSX-GT、GT300車両はLEON CVSTOS AMGが展示
されていました。
 ※どちらも2018年チャンピオンマシン

エンジン始動デモなども行われていたようですが、スケジュールが
合わず、見ることは出来なかったのが残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧