2021.01.05

2021年もNew Year Partyに参加、今年の目標も決定!

従来は1/2と1/3が開催期間だったNew Year Partyが今年から規約が一部改正になり、1/2
から1/7までのロングランタイプになりました。

そのため、新年のご挨拶や初詣などの行事のすき間時間を使って参加するという新年早々
から若干慌ただしく規定の20局との交信に追われる形になっていましたが、今年は余裕が
得られたのか交信して頂いた各局との会話も楽しめたかと思います。

34年ぶりに更新頂いた方など今までの形式では繋がらなかった方もいたと思います。

とりあえず昨日までで参加記念ステッカーを頂ける規定の20局との交信は完了しましたが
せっかくなので期間最終日まで少しの時間でも電源を入れて参加してみたいと思います。

ただ、高さは稼げていますが今のアンテナ設置場所では建物の影響をまともに受けており
南方面以外はかなり厳しい状況だと再認識しましたので、ベランダマストと水平ブームを
組み合わせて、使わない時はベランダ内に完全収納しつつ、使用時には少しでも建物から
離せるようなものを考えてみたいと思います。

それにより、チューナー併用にはなりますがHFから6mまで出られるようになればより一層
楽しめるようになると思いますので今年の目標交信数は250としたいと思います。

コンテスト中心になると思いますので参加するコンテスト次第では早めに到達できるかも
しれませんので、その際は上方修正いたします。

| | コメント (0)

2020.12.25

再免許分と変更申請分の無線局免許状が同時到着しました。

遅れていた再免許分の無線局免許状は12月24日発送予定だと回答頂いていたのは先日公開
した記事で触れ、その際に機器増設に伴う変更申請が審査完了していたため返送用封筒を
送付したので、先に戻ってきたらネタになるなと思っていましたが、結果的に12月24日に
2通同時に到着しました。

再免許分が発送予定日に到着したのは東海総合通信局に問い合わせしたから早まったのか
変更申請分の返送用封筒が担当部署に到着して急いで処理したのか定かではありません。

ただ、変更申請分の封筒には下記2枚の無線局免許状が同封されていました。

 1枚目:再免許前の有効期間で機器増設に伴う周波数、電波形式が反映されている
 2枚目:新しい有効期限で機器増設に伴う周波数、電波形式が反映されている
  ※どちらの免許状とも発行日は12月下旬

同時に到着した再免許分の免許状の発行日が11月で、変更申請したのが12月に入ってから
なので、旧免許期間の免許状が発行されている理由、根拠が不明です。

 いずれにせよ、新しい免許期間で今回増設分の内容が反映された無線局免許状が手元に
存在しますのでこの免許状を常置場所に掲示することになりますね。

何とか年内に返送されてきましたので、2021年のニューイヤーパーティーには夫婦で参加
出来そうです。

| | コメント (0)

2020.12.22

再免許分の無線局免許状到着予定日

新しく無線機を購入したことによる自分の変更申請分の審査完了よりも半月ほど早く審査
完了となっていた奥様の再免許申請分の有効期限が新しくなった無線局免許状がまだ到着
していない件で東海総合通信局アマチュア担当に電話で確認しました。

最初は、個人情報保護の観点で誤って送ってしまう事の無いように複数の人間でチェック
しているので時間がかかっていると回答がありましたが、同じ日に返送用封筒を送付した
変更申請分は4日程度で返送されている旨を伝えたら再度確認頂き、24日に発送予定との
回答が得られました。

再免許の審査完了を確認した時点で今回購入した無線機を設備共用で利用可能とする変更
申請を行いましたが、昨日午前に審査完了したことが確認できたので午後に返送用封筒を
東海総合通信局に郵送しましたので、ほぼ同時に返送されてくるかもしれません。

変更申請分の無線局免許状が先に返送されたらなかなか面白いことになりますね。

| | コメント (0)

2020.12.15

変更申請分が反映された無線局免許状の受取完了!

結局、前記事公開日の夕方に配達されていましたので、変更申請分が反映された免許状を
無事に受け取りました。

今回の申請では今年4月の電波法改正、8月の告示改正により使用可能になった1.9MHz帯の
SSB,AMも反映されていますので1.9MHz~430MHzまで記載された免許状になりました。

12/7午前にステータスが審査完了に変わったことを確認し、午後に返送用封筒を用意して
当日中の取りまとめに間に合うようにポストに投函したので、12/8には東海総合通信局に
到着したと思われますので、実質2日で返送頂きました。

ただ、自分より早く審査完了して同時に返送用封筒を送付した奥様の再免許分の免許状が
昨日時点でまだ戻ってきていないのが気になりますが、もう少し気長に待つことにします。

| | コメント (0)

2020.12.11

無事に無線局変更申請が東海総合通信局の審査完了!

11/16(月)に総務省の電波利用 電子申請・届出システムを利用して申請していた無線局の
変更申請分の審査が12/7(月)に完了しました。

システムからの審査完了メールが来る前に上記サイトで審査完了が確認できたので、早速
免許状返送用封筒を東海総合通信局に送付しましたので、早ければ今週中に新しい無線局
免許状を入手して運用可能状態になると思います。

無線局常置場所がマンションのため、大きなアンテナは設置できませんが、最上階という
アドバンテージを生かせるような環境を年末年始を利用して構築し、今まで手を出さずに
いた周波数帯での運用にトライしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020.11.17

自宅用の無線設備を更新しました。

製造から長期間経過したことで部材や部品調達が困難になりつつあるため、メーカーでの
修理対応が条件付きのリストに掲載されたこと、制度改正により継続利用するには改めて
確認保証という手続きが必要なこともあり、昨年より設備更新を検討していました。

一時は現在保有中のハンディ無線機とバッテリーが共用出来たり、移動運用が簡単に実現
出来そうなどのポイントから昨年のハムフェア2019で発表になった、アイコムのIC-705に
傾いていましたが、以下理由により候補リストから外しました。

 ・13.8V電源利用でも最大出力が10wで、あと一押しが効かない
 ・長時間運用を続けると本体発熱により運用制限が起きる模様
 ・アンテナチューナーが内蔵されておらず、移動運用の際に荷物が増える
  ⇒常に整合が取れた状態で運用できるとは限らないのであると便利
 ・D-STARは既にハンディ機で運用可能、C4FMも運用可能としておきたい
 ・便利なオプションが色々出始めているが揃えると結局高くなりそう

再検討を重ねた結果、最終的に現用機と同じメーカーの八重洲無線のFT-991Aに決定し、
行きつけのショップに発注していたところ、入荷連絡を頂いたので11/15に受け取って
きました。

20201115ft991a

現用機(FT-857DS)本体に貼られていたショップのラベルによると平成16年4月に購入した
模様なので自宅用無線機としては16年ぶりの更新になりました。

ひとまず設置し、レピーターや航空無線の受信が出来ることを確認しましたが、今回は
利用周波数、電波形式が追加になるため、機器増設の電子申請まで完了しました。

東海総合通信局の審査が完了して、今回追加申請した内容が記載された無線局免許状が
手元に到着するまで送信はお預けですが、その期間を利用して取扱説明書の読み込み、
チャンネルメモリーの構築などを済ませて実戦投入に備えたいと思います。

| | コメント (0)

2020.08.26

第52回東海ハムの祭典に少しだけ参加

結局、会場である名古屋市公会堂でのイベントを大幅に縮小し、基本リモートでの開催と
なった第52回東海ハムの祭典に少しだけ参加しました。

配信にはテレワークでお馴染みのZoomを利用していましたが、登録可能数を超えたらしく
youtubeも併用されていましたが、どうやら音声を会場のスピーカーからマイクで拾って
いたらしく明瞭には聞こえなかったのが残念でしたが、今回の目的であったアイコム社の
新型無線機ID-52についての講演はヘッドセットを使うなど工夫されており、聞きやすくて
大変良かったです。

内容も単なる製品紹介だけでなく、ある程度細かな機能も紹介され、知りたかったことは
収穫できたかなという感じでした。

初めての試みで改善点もつかめたと思いますので次回もこのようなスタイルで開催される
のであれば、より聞きやすいイベントに期待したいところです。

| | コメント (0)

2020.08.07

ICOM(アイコム)から新型D-STAR対応アマチュア無線機ID-52発表!

部材調達困難という理由でID-51 plus2が生産完了になってから、後継機の期待が高まって
いましたが、遂に本日アイコムからID-52として9月から新発売するとリリースが出ました。

前モデルから表示部の拡大、カラー液晶の採用、太陽光下での視認性向上がされている他、
Bluetooth機能を標準装備しAndroid端末とワイヤレス接続、Bluetooth対応ヘッドセットが
利用可能です。

今回の機能強化よりも個人的にはVHFだけだったエアバンド(航空無線)の受信周波数帯が
UHF帯(225MHz~374.995MHz)に拡大されたことと、USB端子からの充電に対応したことが
トピックです。

メーカー希望小売価格が59,800円とライバルとなるであろうYAESUのFT-3Dと同価格なので
思い切った価格付けだと思われます。

受信範囲がFT-3Dより若干狭めなどスペックの違いはありますが、現在自分が利用している
無線機の老朽化も進んでいるので購入検討ステージに上がりそうです。

| | コメント (0)

2020.07.26

結局JARL愛知県支部大会はオンライン開催に!

7/25公開記事「ハムフェア2020開催中止!」の中でJARL愛知県支部大会と同時開催される
第52回東海ハムの祭典がどうなるか現時点でアナウンスが出ていない旨を記載しましたが
JARL愛知県支部のトップページには記載されていませんが、第52回ハムの祭典用ページ
オンラインで開催されると発表がありました。

当初予定していた名古屋市公会堂をメインスタジオとしてインターネットを介して参加が
出来る「日本初!オンライン・ハムフェア」と称した形態で行われるようです。

これも新型コロナウイルスの感染拡大が終息しない現状では最善の方法かもしれません。

| | コメント (0)

2020.07.25

ハムフェア2020開催中止!

一般社団法人日本アマチュア無線連盟(通称JARL)という趣味の団体に加入しています。

毎年8月下旬にアマチュア無線愛好者の集まり「ハムフェア」が開かれていますが今年は
東京オリンピックと重なり会場である東京ビッグサイトが使えないために、10/31(土)、
11/1(日)に開催時期が変更されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止策が
完全には取り辛いこともあってか、今年の開催中止が発表されました。

一昨年久しぶりに、かつ東京ビッグサイト開催になって初めて参加しましたが、晴海で
開催されていた時代と雰囲気、熱気も変わってしまっていたので、当面は行かなくても
良いかな?という感じです。

それよりも8/23(日)に予定されているJARL愛知県支部大会と同日開催の第52回東海ハムの
祭典がどうなるか現時点でアナウンスが出ていないのが気になります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧